YouTube「つべこべチャンネル」

情報通信総合研究所の平井聡一郎先生、佐野日本大学高等学校の安藤昇先生が動画でプログラミング教育・教材について伝えるYouTubeチャンネルが公開中です。

「プログラミング教材ロボット プロロ(Proro)」
富士ソフトが提供しているロボット「プロロ」を題材にし、教材としてどのようにして使うか、プログラミングの仕方について、ロボット実機とパソコンを使いながら紹介されています(17分09秒)。

「micro:bit のスクラッチへのつべこべ言わず接続する方法」
micro:bitを操作するために、ケーブルでパソコンへの繋ぎ方から、Scratch 3.0 を通して操作するまでの流れが、5分ほどにコンパクトにまとめられています(5分29秒)。

つべこべチャンネル

(「こどもプログラミング通信」第27号 2019年7月22日発行より)

micro:bit の MakeCode エディタがバージョンアップ

小さなコンピュータ教材 micro:bit でプログラムを入力するために必要な開発環境がMakeCode です。MakeCode はスクラッチのようなビジュアルプログラミング教材で、micro:bit の実機がなくても、画面上で動作を見られます。

この MakeCode の最新版 ”2019 Release” が公開されました。利用者側からは何も操作しなくても、自動的に最新版のエディタが使えるため、プログラムの書き換えは不要です。

また、Windows 10 と macOS では、インターネットに接続していないオフライン環境でも利用可能な「アプリ版」のベータ提供(テスト段階のもの)が公開されています。ブラウザが MakeCode に対応していない場合でも、アプリによってプログラミングをしたり、micro:bit の動作を体験できます。

micro:bit (Microsoft MakeCode)

(「こどもプログラミング通信」第27号 2019年7月22日発行より)

小学校プログラミング教育の手引きを通してねらいを確認し、授業のイメージをつかむ(第2弾)

『プログラミング的思考』を養うために必要な学習機会とは

前号から引き続き「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」に記載されている内容ついて解説します。

前号では、手引に掲載された「小学校段階のプログラミングに関する学習活動分類」の中でも「A分類」を取り上げて具体的な例をもとに解説しました。

では、小学校では最低限「A分類」のみ実施すれば良いのでしょうか?手引では「学習指導要領に例示した単元等に限定することなく、多様な教科・学年・単元等において取り入れることが可能」であり、「各学校において工夫してたような教科・学年・単元等に適切に取り入れていくことが望まれます。」とあります。

「B分類」では、例示されていない教科においても、教科の内容を指導する中で適宜プログラミング教育を実施することを求めています。

出前授業のメニューの中に、「B分類」を想定したものは入っていませんが、アレンジして取り入れることは可能ですので、是非ご相談ください。

ここでは、公開されている実践事例より具体例をご紹介します。

B-① 「しかけ」のある物語づくり(国語3年)

まずは物語の構成や、「しかけ」になるキーワードを考え、絵コンテを作ります。それに基づき、実際の動きをScratch Jrを使ったプログラミングで表現していきます。「プログラミングができること」が重要ではなく、プログラミングで表現するためには、元となる物語をより深く理解し、伝えたい内容を明確にする必要性が生まれるため、ねらいに向かう意識が高まります。(次コーナーで詳しくご紹介) •

B-② micro:bitで旋律づくり(音楽4年)

教科書を参考に4小節分の旋律をプログラミングで作り、グループの5人で合奏を楽しむというものです。

micro:bitの機能を試しながら、どのようにすればクラスでタイミングのあった合奏にできるかを相談し、方法を確立。音楽の苦手な児童も「合奏が楽しい」と感じることができたり、人の良さ、プログラミングの良さを話し合ったりと、気付きの多い授業となっています。

参考サイト::micro:bitで旋律づくり~小学校音楽プログラミング~

(初出「こどもプログラミング通信」第14号 2018年6月29日発行)

micro:bit(マイクロビット)

日本国内で子どもがプログラミングを行うためのコンピュータといえば、これまで紹介した IchigoJam(イチゴジャム)や、Raspberry Pi(ラズベリー・パイ)のように、手のひらサイズのものが注目を集めています。今回紹介するのは、micro:bit (マイクロビット)です。これはイギリス公共放送 BBC による研究によるもので、誰でもプログラミングができるように目指して開発されました。現在は、シンガポールや米国などの教育機関でも採用実績があり、出荷台数は 100 万台を越えています。

micro:bit の特長は、プログラミングのしやすさと、拡張性・自由度の高さです。micro:bit 本体のプログラミングはブラウザを通してできるため、特別なパソコンやソフトウェアは不要です。Scratch(スクラッチ)を通してのプログラミングも可能ですし、ボタン操作で JavaScript(ジャバスクリプト)や Python(パイソン)のような本格的なプログラミング言語への切り替えにも対応しています。

また、LED ライトやロボットなどの拡張パーツとの連携もしやすく、micro:bit と接続するだけで、周辺パーツのプログラミングも容易に行えます。プログラミングに高い興味をもつ子どもたちに対して、自主的に学ぶ教材としても役立つことが期待できます。

参考サイト:http://microbit.org/ja/

(初出「こどもプログラミング通信」第10号 2018年2月27日発行)