「さくらの学校支援プロジェクト」名称および活動方針変更のお知らせ

「さくらの学校支援プロジェクト」がスタートします

2017年2月に発足した「石狩市への小学校プログラミング教育支援プロジェクト」は、2年間の活動を経て、目標であった「2020年のプログラミング教育必須化までに、石狩市内の全小学校の授業で、プログラミング教育が行えるようにする」を予定通り達成できる見通しとなりました。

石狩市教育委員会による「石狩市のプログラミング教育の取組」が2019年3月に発行され、市内小学校ではガイドラインに基づいて学校ごとのカリキュラムの中に「プログラミング教育」が位置付けられ、自律的に取り組みが進んでいくことになります。

このように、目標の達成が確実になった状況を受けて、このプロジェクトの目標達成後の在り方をプロジェクトメンバーで協議した結果、新しい目的と、3つの活動範囲を軸として定め、活動を継続していくことになりました。

さくらの学校支援プロジェクトとは

  • 「情報活用能力の育成」につながる授業支援をしていくため、敢えて「プログラミング教育」の言葉をプロジェクト名から省きました。
  • 北海道石狩市がメインですが、北海道全体への支援も視野に入れることとしたため、プロジェクト名から自治体名を省きました。
  • 小学校への支援がメインですが、中学校や高等学校とのつながり、連携も考えていく必要があるため、「小学校」もプロジェクト名から省きました。

活動範囲と活動のビジョン

  • <石狩市で> 石狩市の小学校にプログラミング教育を根付かせ、情報活用能力育成を図る授業作り支援の提供
  • <北海道で> 北海道内に石狩市のプログラミング教育実践ノウハウを伝達する仕組みの実現
  • <IT系コミュニティで> IT企業やエンジニアを適切な情報活用能力育成支援につなげていくための情報の提供

今後も石狩市や北海道、および地域で教育に携わる団体と協調しながら、教育の支援を積極的に行って参ります。また、情報活用能力育成に対する支援や相談を受けられるようにすることや、研究や実践発表の後押しなど、石狩市および北海道への地域貢献を継続いたします。今後とも、当プロジェクトをよろしくお願いいたします。

「新学習指導要領時代の間違えないプログラミング教育」に石狩市教育委員会と弊社記事が掲載

小学館から10月15日発売の雑誌の記事に、石狩市教育委員会への取材記事「自律的で教科のねらいを外さないプログラミング教育のために」や、弊社朝倉による「自立できるプログラミング教育を支援したい」が掲載されています。

他自治体や先生方の取り組みなど、今後の参考になる記事が掲載されています。詳細については、書籍のサイトをご覧ください。

参考サイト:新学習指導要領時代の間違えないプログラミング教育 | 小学館

(初出「こどもプログラミング通信」第18号 2018年10月29日発行)

石狩市学校教育への協力に対して、相談窓口を開設

さくらインターネットでは、プログラミング教育必修化を控えた小学校でのプログラミング教育支援として、2017年度よりこの「こどもプログラミング通信」の発行に加え、出前授業や教員研修会を行ってまいりました。

最近、学校での教育活動に対するさくらインターネットへの協力依頼やご相談(例:新聞記事にするための質問への回答など)が数件あり、個別にご相談内容を伺ってご協力できる範囲で対応させていただいております。

今後、こういった学校教育への支援のご相談にもスムーズに対応できるよう、こどもプログラミング通信の問い合わせ窓口にてご相談を承ります。

  • さくらインターネット株式会社(担当:技術本部ビジネス推進グループ 朝倉 恵)
  • Tel:03-5332-7070
  • E-mail:isk-prog@sakura.ad.jp

特に石狩データセンター関連で、学校教育にご協力できる範囲としまして、いくつかご留意いただきたい事項がございますので、予めご承知おきください。

  • 業務の状況などにより、全てのご依頼への対応をお約束するものではございませんので、ご了承ください。
  • 石狩データセンターは、お客様のデータをお預かりする設備であるため、特別な場合を除いて関係者以外立ち入り禁止、センター内での写真撮影や録音、また他の建物が写りこむような敷地外からの撮影や、建物位置情報のSNS配信などもすべて禁止となっております。ご依頼の際ご配慮願います。
  • 石狩データセンターの写真を教育活動にてご利用になりたい場合、弊社側で撮影し、公開しても差し支えない写真をご提供することが可能です。
  • 石狩データセンター内のご見学については、案内を担当する社員を必ず1名以上配置する必要がありますので、対応できる者がおらずご要望にお応えできない場合が多々ございます。また、テナント入居者への配慮や、万が一の時の安全面などから、一度に大人数でのご見学は承れませんので、ご了承ください。

(初出「こどもプログラミング通信」第6号 2017年9月26日発行)