出前授業アンケート結果・先生方の声

プログラミング教育に対する理解と、授業を自分でもできそうな意識を高めるきっかけに

私たちの出前授業は、7月末の時点で14コマ・335名の児童を対象に実施しています【表1】。出前授業に参加された先生方に対し、授業内容に関するアンケートを依頼しています。

結果からは、コンピューターが苦手であったり、授業が難しいというご意見もありました。その一方で、プログラミング教育(プログラミング的思考)に対する理解を深めるきっかけになったという声や、先生自身が自分で授業を行えそうに感じたとの声もいただいています。

以下、集計結果の一部やご意見・ご感想をご紹介します。

引き続き出前授業を受け付けています。授業までの流れやカリキュラムは、プログラミング通信第1号やパンフレットをご覧ください。また、校内研修会につきましても、各学校からのご要望に応じて実施いたします。

(初出「こどもプログラミング通信」第5号 2017年8月29日発行)