【用語解説】GIGAスクール構想とは

GIGAスクール構想とは、「児童生徒1人1台端末、および高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させる構想」のことです。

2023年度までに義務教育段階にある生徒児童1人1台の情報端末、および高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、さらに、クラウドの活用推進、ICT機器の整備調達体制の構築、利活用優良事例の普及、利活用のPDCAサイクル徹底等を進めることで、多様な子どもたちを誰ひとり取り残すことのない、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させようというもので、文部科学省は2019年12月19日、文部科学大臣を本部長とする「GIGAスクール実現推進本部」を設置して推進するとしています。

※GIGAはGlobal and Innovation Gateway for ALLの略

(初出「こどもプログラミング通信」第33号 2020年1月27日発行)

市町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等調査の結果が発表

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000572-san-soci

文部科学省は、市町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等を調査し、結果について取りまとめて公開しました。

小学校プログラミング教育の実施に向けて、約93%の教育委員会が、令和元年度末までに各校に1人以上、教員に実践的な研修を実施したり、教員が授業の実践や模擬授業を実施済み・実施予定と回答した一方、約7%の教育委員会は、「実施しておらず、実施する予定もない」と回答しており、最低限必要と考えられる指導体制の基礎が整っていないことが明らかになりました。

市町村教育委員会における小学校プログラミング 教育に関する取組状況等調査
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00218.html

(初出「こどもプログラミング通信」第33号 2020年1月27日発行)

テキシコー

NHKで放送されている「テキシコー」は、コンピューターを使わずに映像とアニメーションからプログラミング的思考を学ぶことができる小学校3~6年生向けのテレビ番組です。

番組では、「プログラミング的思考」をわかりやすく伝えるために、コンピュテーショナルシンキングという概念やプログラミング的思考についての先行研究などを参考に、以下の5つの思考に分解・整理しています。

その① 小さく分けて考える
その② 手順の組み合わせを考える
その③ パターンを見つける
その④ 大事なものだけぬき出して考える
その⑤ 頭の中で手順をたどる

番組は2019/12/26・27の2日間で、#1と#2の2回分が放送されました。現在は「NHK for School」というウェブサイトから視聴することができます。次回以降の放送予定もあるようですので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

(初出「こどもプログラミング通信」第33号 2020年1月27日発行)

これまでご紹介してきた教材を一覧にしました

さくらインターネットでは、平成29年4月より「こどもプログラミング通信」をほぼ毎月にわたって発行し、毎号でプログラミング教育に活用できる教材をご紹介してきました。

今号では、これまで紹介してきた教材を一覧とし、広い範囲を俯瞰して見ることができるようにいたしました。

紙面の都合上、概要のみを掲載しておりますので、詳細はこどもプログラミング通信のバックナンバーをご参照ください。バックナンバーはWebサイト上でも読むことができます。

こどもプログラミング通信バックナンバー
https://prog-edu.sakura.ad.jp/kodomo-programming-tsushin/

(初出「こどもプログラミング通信」第33号 2020年1月27日発行)