第4回プログラミング教育を考える夕べ@大阪を開催

2019年7月19日(金)、さくらインターネット大阪本社(大阪市梅田)で、第4回プログラミング教育を考える夕べ(さくらインターネット株式会社、株式会社しくみデザイン様との共催)を開催いたしました。当日の参加者は約40名で、近畿地方からの参加者が大変で、教育関係者、保護者、エンジニアと多岐にわたる層からの参加がありました。

勉強会は2つの講演と質問タイムで構成。冒頭、さくらインターネット前佛からは『小学校におけるプログラミング教育とは?』と題し、勘違いされがちなプログラミング教育についての現状や課題、石狩市での取り組み状況を解説いたしました。引き続きしくみデザイン中村様からは、『楽しく「作る力」を育てるプログラミング教育』で、児童の創造性とプログラミングについての講演と、iPadアプリを用いた授業体験を行いました。

今後もさくらインターネットでは、プログラミング教育のスムーズな実施に向け、先生方はもちろん、一般の方も含めた理解の促進のために、情報の提供や勉強会の開催を継続して参ります。最新の取り組みやプログラミング教育の情報は、当プロジェクトのツイッターアカウントの活動をご覧ください。

(「こどもプログラミング通信」第28号 2019年8月26日発行より)

石狩市でのプログラミング教育への取り組みがウェブ記事になりました

2017年にスタートした「石狩市への小学校プログラミング教育支援プロジェクト」(現・さくらの学校支援プロジェクト)は、先生方および教育委員会の皆さまのご協力・ご理解の下、2020年度からのプログラミング教育全面実施に向けた準備を進めております。本プロジェクトの担当シニアプロデューサーである朝倉に対する取材記事が先日公開されました。プロジェクト設立当初から、現在に至るまでの思いや経緯が掲載されていますので、是非ご覧ください。

(「こどもプログラミング通信」第28号 2019年8月26日発行より)

プログラミング教育に関する教育委員会の取組例

未来の学びコンソーシアムでは、プログラミング教育に関する都道府県における教育委員会の取り組み例を紹介しています。これは、年間指導計画や研修教材などの支援状況についての問い合わせが未来の学びコンソーシアムに増えているためとのことで、参考情報としての支援例がいくつか紹介されています。

(「こどもプログラミング通信」第28号 2019年8月26日発行より)

Springin’

Springin‘(スプリンギンは、絵を描いてそれらに命令をつけていくことによってアニメーションや簡単なゲームを作ることができるビジュアルプログラミングツールです。iPad上で動作するソフトウェアとして配布されています( Windows 版や Android 版も検討中とのことです)。こどもたちのクリエイティブな気持ちを引き出すことができるツールで、B分類(学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの)や、C分類(教育課程内で各教科等とは別に実施するもの)などでの活用事例が期待されます。北九州市の小学校でのプログラミング授業の様子などもレポートされています。

(「こどもプログラミング通信」第28号 2019年8月26日発行より)

9月は「未来の学びプログラミング教育推進月間」

全国の小学校にプログラミング教育を呼びかけ

文部科学省、総務省、経済産業省は、小学校プログラミング教育の実施・推進を呼びかける「未来の学び プログラミング教育推進月間(みらプロ)」を9月に実施すると設定しました。これは、全国の小学校にプログラミング教育に取り組むように呼びかけるものです。

実施にあたっては、企業と連携した総合的な学習の時間の指導案(プログミング体験を含む・約35時間)が用意されています。企業における最先端の取り組みを知り、プログラミング体験で理解を含め、児童が各自の課題に探求的に取り組める課題を支援するためのものです。

既に企業訪問や講師派遣の受付等は終了していますが、教材に関する情報や、指導案(学習指導計画例)、授業に関する動画の情報などが豊富に掲載されています。

授業に向けての指導案は18例が公開されています。どれも、身近な生活とコンピュータが深く結びついていることに関連しています。プログラミング体験についての記述も事例が多く掲載されていることから、普段の授業で深い学びにつながるプログラミング教育を計画するための参考になるものと思われます。

取り組みの詳細、指導例については、未来の学びコンソーシアムの特集ページをご覧ください。

視察した授業の様子が放送(インターネット配信)

石狩市教育委員会と紅南小学校長坂先生が視察した授業(横須賀市浦賀小学校)の様子が、「みらプロ」の事例として8月25日にテレビ放送されます。

こちらの放送は、後日、政府インターネットテレビでもアップロード予定ですので、あわせてご覧ください。

(「こどもプログラミング通信」第28号 2019年8月26日発行より)