小学校プログラミング教育の手引きを通してねらいを確認し、授業のイメージをつかむ(第5弾)

E・F分類は教育課程外のプログラミング学習機会

教育課程外における分類として、学校を会場とするE分類と、学校を会場としないF分類があります。地域や企業・団体等において学習機会が用意されるものであり、児童の興味・関心等に応じて提供されることが期待されています。

小学校プログラミング教育の手引では、学校の役割としては、「児童の興味や関心を踏まえて、学習機会を適切に紹介するなど、相互の連携・協力を強化することが望まれます。」とあります。

あわせて手引では、教育委員会が主導し、企業・団体や地域等の人々と連携し、協力を得ている例が7つ掲載されています。

  1. 企業等との連携
  2. 企業等の社会貢献プログラムへの参加
  3. ICT支援員等の活用
  4. 市民ボランティア等の活用
  5. 大学等との連携
  6. NPO等との連携
  7. 学校放送番組の活用

いずれもカリキュラム・マネジメントとして外部の人的・物的資源の活用であり、学校としての取り組みや、教育委員会による支援も重要とあります。

「未来の学びコンソーシアム」に分類別の事例が掲載

各分類に応じた、実際の授業や取り組み事例に関する情報が続々と掲載されています。また、教材情報も充実してきていますので、指導や授業における計画作りの参考になります。

参考サイト:小学校を中心としたプログラミング教育ポータルPowered by 未来の学びコンソーシアム

(初出「こどもプログラミング通信」第17号 2018年9月28日発行)

学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果が公開(平成29年度調査の速報値)

文部科学省から「教育の情報化の実態に係わる主な指標」が公開されました。これは全国の公立学校(小学校、中学校、高等学校、等)を対象に、学校におけるICT環境の整備状況と、教員のICT活動指導力の調査結果です。

あわせて、北海道の地区町村別の調査結果詳細も発表されています。各自治体ごとでどのような状況なのか、参考にされてみてはいかがでしょうか。

参考サイト:平成29年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果

Ozobot(オゾボット)

2014年に開発された世界最小級といわれる教育用プログラミングロボットです。

紙やタブレットに描かれた線をセンサーを利用して読み取り、その線に沿ってロボットが動きます。組み立て不要で開梱後充電してすぐに利用できます。ロボットながら縦横高2.5cmと小さいので保管場所にも困ることはないでしょう。

Ozobotの魅力はパソコンやタブレット等の端末不要で、紙とペンのみでプログラミング的と思考やコーディングの概念を身に付けることができるところにあります。黒、赤、青、緑の4色をセンサーで認識し、色により異なる動きをするようプログラムされています。自分の意図したとおりにロボットを動かすためには色の配列を考える必要があります。また、Ozoblocklyというscratchのようなツールを使用することで、線を描かずともOzobotを自在に動かすことも可能です。岡山市立岡山中央小学校では6年生の総合学習の時間でOzobotを使ったプログラミング授業を実践しています。

参考サイト:https://www.ozobot.jp/

(初出「こどもプログラミング通信」第17号 2018年9月28日発行)