A分類(総合的な学習の時間)C分類の指導案集

文部科学省は10月「小学校プログラミング教育推進のための指導事例の創出等に関する調査研究成果」(文部科学省委託事業)として、授業での利用を想定した「小学校プログラミング教育に関する指 導案集」を一般公開しました。

指導案集は総合的な学習の時間およびC分類が対象で、全133ページにわたります。学校および先生方の協力のもとにとりまとめられ、実際に授業を実践し ながら内容を検討し、先生が 参考になるように取りまとめられたものです。

各項目ごとに学習指導計画が丁寧にまとめられていますの で、授業作りにおいて参考に なることが期待できます。

A分類(総合的な学習の時間)の例

  • プログラミングの基礎を学んで、地域の課題を解決するアプリケーションをデザインしよう
  • プログラミングを生かしてよりよい生活に
  • AIとプログラミングで、身近な課題を解決しよう
  • 地域の魅力を発信しよう!
  • 私たちの生活を豊かにする未来の宅配便
  • みんなの家!未来の家!
  • 地域の魅力を伝えよう!私たちの街大好きプロジェクト!
  • 地域の魅力発信アプリを開発して、商店街を盛り上げよう!
  • 私たちの生活と、自動車の未来を考えよう
  • 私たちの生活を支える郵便局の仕事
  • スポーツとデータ分析。地域スポーツチームを応援しよう
  • 自動化の進展とそれに伴う自分たちの生活の変化を考えよう
  • 見つけよう 伝えよう わたしたちのまちの魅力
  • 地域活性化のために、新しい表現方法で町を紹介しよう

C分類の例

  • 「プログラミングしてみよう」~はじめてのおつかい~
  • プログラミングとの出会い~キャラクターを動かすプログラム作り~
  • コンピュータとなかよしになろう
  • 自動運転バスをプログラミングしよう
  • プログラミングで物語の世界をプログラムでアニメーションにしよう

リンク

(初出「こどもプログラミング通信」第30号 2019年10月24日発行)

プログル

プログルはプログラミングを使って算数と理科を学ぶ教材です。子どもたちが自分で学ぶために作られたプログラミング教材であり、自然とプログラミング的思考が身につくよう設計されています。ウェブブラウザを使って無償で学べます(理科で使用する部品は別途有償)。

こどもプログラミング通信第6号でもプログルについてご紹介しておりますが、その頃は算数については多角形コースと公倍数コースの2コースが用意されていました。

現在では理科が追加されたり、算数も平均値コース・最頻値コース・中央値コースの3コースが追加されたりなど、より単元の中で活用できる場面が増えています。

日本でおこなわれる小学校プログラミング教育に沿って作られた教材であるプログルについて、あらためてチェックされてはいかがでしょうか。

(初出「こどもプログラミング通信」第30号 2019年10月24日発行)

litteBits

littleBits(リトルビッツ)は、磁石でくっつく電子回路を組み合わせて動作するフィジカルプログラミングの教材です。技術的な専門知識を必要とせず電子工作ができることが特長です。特有の機能を持った電子回路を組み合わせて動作するものを作り上げていくことで、コンピュータは細かな命令の組み合わせで動作するという「プログラミング的思考」を身に付けるのに役立つ教材になっています。

先日開催された次世代幼児教育研究プロジェクトによるシンポ ジウム「プログラミング教育で何をどう教えるか」において、東三鷹学園三鷹市立第一小学校で図画工作の時間に用いられた様子が紹介されました。https://edtechzine.jp/article/detail/2534

以下のページでは、岡山県新見市立思誠小学校で「発電と電気 の利用」の単元にて活用された事例が紹介されています。https://sip.dis-ex.jp/product_page4.html?id=27

(「こどもプログラミング通信」第29号 2019年9月27日発行より)

Springin’

Springin‘(スプリンギンは、絵を描いてそれらに命令をつけていくことによってアニメーションや簡単なゲームを作ることができるビジュアルプログラミングツールです。iPad上で動作するソフトウェアとして配布されています( Windows 版や Android 版も検討中とのことです)。こどもたちのクリエイティブな気持ちを引き出すことができるツールで、B分類(学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの)や、C分類(教育課程内で各教科等とは別に実施するもの)などでの活用事例が期待されます。北九州市の小学校でのプログラミング授業の様子などもレポートされています。

(「こどもプログラミング通信」第28号 2019年8月26日発行より)

ビスケットを活用したB分類での授業実践紹介サイト

Viscuit(ビスケット)は、描いた絵を「めがね」に入れることで絵が動き出す、低学年から高学年まで幅広くプログラミングを体験できる教材です。

今回ご紹介するのは、Viscuitを使ったB分類(学習指導要領に例示されてはいませんが、学習指導要領に示される各教科等を指導する中で実施するもの)の授業実践事例を紹介しているウェブサイトです。

国語・算数・理科・社会科・総合的な学習の時間・外国語・音楽など多くの教科の事例が紹介されているほか、各事例には学習指導要領との関連、学習指導要領の3本の柱に基づくねらい・評価基準、授業の流れの例、活動全体を通しての留意点、などの指導案作成に活用できる情報が公開されています。

現役教員の方のブログでも紹介されていますのでこちらもご参照ください。

(「こどもプログラミング通信」第27号 2019年7月22日発行より)

Scratch

Scratchは、無料でプログラミングが学べるオンライン教材です。2019年1月3日に最新版「Scratch 3.0」が公開されました。

新しい「Scratch 3.0」からは、音声やアニメーション(動画)を再生するために別途必要だった「Adobe Flash Player」が不要となり、iPadをはじめとする「Adobe Flash Player」に対応していないタブレットでも利用できるようになりました。

一方で「Internet Explorer」はサポートされないため、学校における利用の際は注意が必要です。

インターネットに接続されていなくても利用できる、パソコンにインストールするタイプも用意されており、「Windows 10」または「macOS 10.13」以降に対応しています。2019年の後半にはChromebook向けもリリースされる予定となっています。

(初出「こどもプログラミング通信」第23号 2019年3月26日発行)

PIECE

PIECEは、PCを用いず、物理的なモジュールをつなぐだけで電子回路を作成することができる、アンプラグドなプログラミング教材です。モジュールは「センサー」「ロジック」「うごき」の3つに分類され、組み合わせてさまざまな機能を実現できるようになっています。

公式サイトの中の「PIECEオンラインワークショップ」には、実生活で活用できるような電子回路の作例が示されています。

以下のWebサイトで、国語の授業にPIECEを使用した事例が紹介されています。
https://voice.elekit.co.jp/archives/4104

(初出「こどもプログラミング通信」第22号 2019年2月26日発行)

Sphero BOLT

以前このコーナーで紹介したロボットボール「Sphero SPRK+」のサイズや機能はそのままで、さらに改良された最上位モデル「Sphero BOLT」が発売されました。

BOLTには、新たに光とデジタルコンパスの2つのセンサーが追加されました。また、大きな変更点としては、LEDドットスクリーン、赤外線通信機能が追加された部分ではないでしょうか。

LEDドットスクリーンには、アニメーションや文字などが表示ができ、各種センサーの結果によって、ディスプレイの色や表示を変えるプログラムを組むこともできるようになりました。

赤外線通信機能では、複数台のBOLTと同時通信を行えるようになったので、別のBOLTから受信した命令に基づき動くようなプログラムを作成し、工夫次第で授業活用できる場面が増えるのではないでしょうか。

(初出「こどもプログラミング通信」第21号 2019年1月29日発行)

embot(エムボット)

embotは、段ボールでできた小型のプログラミング学習用ロボット教材です。

素材が段ボールなので、簡単に組み立てることができ、色塗りなど自由に装飾することもできます。また、付属の電子パーツを取り付けて、身近にある物(例えば紙パックなど)を使って作った完全オリジナルのロボットも動かすこともできます。

他のロボット教材と比べると比較的低い価格設定になっているのも魅力の一つではないでしょうか。

ロボットの操作は、専用のアプリを使用します。プログラムはアイコンを線で結ぶフローチャート方式で行います。5段階までの難易度があり、学年や子どものレベルに合わせて選ぶことができます。12月10日に「embotプログラミング授業サポートツール」と「embotプログラミング教育研修」の提供も開始されました。プログラミング授業の進め方、教科におけるembotを活用した学習指導案や授業例紹介をDVDで説明しています。

(初出「こどもプログラミング通信」第20号 2018年12月20日発行)

kintone(キントーン)

2018年7月にサイボウズ株式会社とみんなのコードは、共同でkintoneを使ったプログラミング教育指導案を公開しました。

本来はビジネスアプリを作成するツールとして作られたkintoneですが、プログラムを書くことは不要で、マウス操作と文字入力ができれば小学生でも扱える教材にもなります。

公開した指導案を使い、栃木県小山市立城北小学校4年生の国語単元「新聞を作ろう」で授業を実施しています。この授業では新聞に掲載するアンケート作成にkintoneを使用しています。作成から配布、回答、集計、グラフ作成までをkintone内で完結できます。紙を使ったアンケートより短時間で行えるので、アンケート結果を元にした新聞記事を考えることやクラスメイトとのディスカッションにより多くの時間を充てることができるので、単元に対する理解を今まで以上に深める事ができるようになるのではないでしょうか。指導案は現在、国語と理科の2科目を無償提供中です。

(初出「こどもプログラミング通信」第19号 2018年11月27日発行)