授業目的公衆送信補償金制度をもっと知ろう!

こどもプログラミング通信第42号で、授業目的公衆送信補償金制度についてお伝えしました。

いよいよ、2021年度からこの制度が有償化となります。
ここで、少し制度のおさらいをしてみましょう。
授業目的公衆送信補償金制度をクイズにしてみました。個人情報等は収集しておりませんので、ぜひお気軽に挑戦してみてください。

授業目的公衆送信補償金制度クイズ
https://bit.ly/3q12i2P

補償金の管理団体である授業目的公衆送信補償金等管理協会( SARTRAS )では、今後事例を集めて情報のアップデートを行うようですので、最新の情報はSARTRASのWebサイトをご確認ください。

また、日常的にすべての著作物利用を記録する必要はないとのことですが、学校単位でのサンプル調査の協力依頼を行うと、 SARTRASのWebサイトにも記載されています。
著作物利用の際、可能な範囲で、「いつ」「何を」「どのように利用したのか」について、簡単なメモを残しておくと、調査の際は役に立つでしょう。

一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)
https://sartras.or.jp/

デジタル・シティズンシップを学ぼう

「デジタル・シティズンシップ」という言葉をご存じでしょうか?中教審の分科会で、NPOカタリバ代表の今村久美さんが提出された資料には、以下のように書かれています。

「GIGAスクール構想を実現する上で、デジタル前提社会で生きる子どもたちがそのリスクを理解し、安心安全に利用しながら可能性を広げられるように、『デジタル・シチズシップ教育』の推進が必要。 現在の『情報モラル教育』は、個々の安全な利用を学ぶものであるのに対し、『デジタル・シティズンシップ教育』は人権と民主主義のための善き社会を創る市民となることを目指すものである。それは、個人のモラル教育ではなく、パブリックなモラル教育とも言える。利用を躊躇させる情緒的抑制から、賢く使う合理的活用ができる人材育成へと、転換をすべきである。」

初等中等教育分科会(第125回)・特別部会(第7回)合同会議参考資料1より抜粋
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20200427-mext_syoto02-000006819_3.pdf

「デジタル・シティズンシップ」の教育について解説された本が、大月書店から出版されています。
この本の著者でもある法政大学キャリアデザイン学部 坂本旬教授のnoteでもわかりやすい解説や、これを学ぶ重要性について書かれています。
ぜひ先生方にも知っておいていただきたい言葉です。

デジタル・シティズンシップとは何か
https://note.com/junsakamoto/n/n7847cbdae8d7

デジタル・シティズンシップ
http://www.otsukishoten.co.jp/book/b547870.html

GIGA HUB WEBで、「流れの全体像」に基づく導入・運用一覧表Q&A第一弾を公開

一般社団法人ICT CONNECT21が運営する「GIGA HUB WEB」では、「流れの全体像」に基づく導入・運用一覧表Q&A第一弾を公開しました。 従来のQ&Aも「準備段階」「計画段階」などの項目ごとに情報を探すことができますが、どちらかというと教育委員会向けの情報となっていました。
学校での導入・運用に近い部分に対するQ&Aが検索しやすくなっていますので、ぜひご活用ください。

「流れの全体像」に基づく導入・運用一覧表Q&A
https://giga.ictconnect21.jp/202012092796/?back=giga-school-concept

GIGA StuDX 推進チーム発足と1人1台活用事例サイトの開始

文部科学省では、GIGAスクール構想の実現に伴う1人1台端末及び高速大容量通信環境の積極的な活用を推進していくため、「GIGA StuDX 推進チーム」を設置し、全国の教育委員会や学校が参考となる事例の発信・共有等を通じて、全国の教育委員会・学校に対する支援活動を展開します。
活用事例サイトでは、「はじめてのパスワード指導」など、児童・生徒への指導法だけでなく、学校と家庭、職員同士など、学校を取り巻くコミュニケーションの様々な場面においての工夫が示され、先生方の業務効率化にも役立てられる情報となっています。

StuDX Style
https://oetc.jp/ict/studxstyle/

6年前から1人1台体制をスタートさせた公立小学校の取り組みが紹介されています

岡山県備前市立香登小学校におけるChromebook導入と活用事例が公開されています。

一般社団法人ICT CONNECT 21「GIGAスクール構想推進委員会」が、9月16日~18日に開催されたEDIX東京でオンラインによるセミナーを実施し、その中からのレポートです。

「これはあくまで一学校の一事例である」と強調されていましたが、いろいろな面でこれから取り組みを進める学校現場の参考になるのではないかと思います。

また授業での活用のほかに、1人1台端末が故障したときに校内のサーバーから復旧させる手順を用意していたなど、端末の運用に関する知見も紹介されています。

公立小学校1人1台環境における5年間の歩み、文具にするためのポイントは?
https://www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/news/1289146.html

Google Chromebookの中高への導入事例が公開されています

山口県山口市の野田学園中学高等学校におけるChromebook導入と活用事例が公開されています。

Chromebook導入後、Google Classroom、Google Meet、Googleフォームなどを授業で活用した内容が紹介されています。

私立の中高一貫校の事例ということもあり、直接GIGAスクール構想とはつながりがなく、また公立の小中学校にすぐ反映させられる内容ではないかもしれませんが、校長先生の「私立・公立、小中高問わず、本校で培った知見や最新情報を、皆様と共有しております」という言葉にもあるように、ChromebookやGoogleのサービスがこのように活用されているということを理解する一助になるのではないかと思い、紹介させていただきました。

山口県のICT教育を牽引する野田学園
コロナ禍による臨時休校期間からオンライン授業が加速化アクティブ・ラーニングをさらに深化させたAcer Chromebookの活用方法を大公開!

https://www.biz-dna.jp/showcase/education/nodagakuen.html