Programmer’s Day パネルディスカッション


左から、奥田氏、小島氏、朝倉。右はモデレータの利根川氏

2019年10月20日(日)、CSAJ×U-22×JJPC 合同企画 “Programmer’s Day” が、秋葉原コンベンションホールで開催されました。セミナーやブース展示、プログラミング体験やワークショップが開催されていると同時に、隣では22歳以下を対象とする U-22プログラミング・コンテストの最終審査会も開かれていました。

その中から、この日のスタートを飾ったパネルディスカッション「プログラミング教育における学校現場と企業連携事例とトップ層の子どもの可能性を引き出すには」を紹介します。

モデレータは、利根川 裕太 氏(NPO法人みんなのコード 代表理事)。パネリストは、小島 寛義 氏(栃木県小山市立東城南小学校 教諭)、奥田 遼介 氏(株式会社Preferred Networks 取締役 CTO)、そして当プロジェクトの 朝倉 恵 です。

みんなのコードのミッション「全ての子どもが プログラミングを楽しむ 国にする」

まず、利根川氏より、2020年に必修化する小学校については社会的関心が高いが、中学校(2021年に必修化)や高校(2022年に必修化)については情報が少ないこと。中学校では現在「技術・家庭」でやっているプログラミングの内容が倍増すること、高校では「情報科」において共通必履修科目となり、大学入試の出題科目となることも検討されていることなど、プログラミング教育の現状についての解説がありました。
そして、みんなのコードは「全ての子供が プログラミングを楽しむ 国にする」をミッションに活動していると紹介されました。

パネルでは、学校現場と企業連携の事例を、小島氏が学校現場からの視点で、朝倉が支援する企業の立場で紹介しました。

栃木県小山市立東城南小学校では、実証実験として kintoneを活用した国語や理科の授業を行いました。これにより、今まででしたらプログラミングに触れることがない子、例えばスポーツに打ち込んでいるような子にも、それに触れるチャンスを与えることができたそうです。これをきっかけに、自分の中にあった能力に気がつくこともあるのではないかと強く感じたとのこと。
こちらに、サイボウズとみんなのコードが共同で、教育指導案を提供しています。小学校指導者を対象とした研修の窓口も用意されており、実際の授業の様子も動画でご覧いただけます。

さくらの学校支援プロジェクトが、石狩市でどのような活動をしているかは、このサイトの情報をご参照ください。現在、活動は石狩から北海道全域に広がりつつあり、そのために地域にある大学や専門学校などと情報連携をし、北海道ならではのプログラミング教育支援の輪を形成しているところです。

奥田氏のプログラミング・コンテスト歴

奥田氏は、小学生の時からプログラミングをはじめ、高専時代にはプロコンに数多く出場するほか、国際情報オリンピックの日本代表にも選ばれました。
中学生の頃には、家にあったアルゴリズムの本を読んでいたそうです。しかし、プログラミングにも飽きがきて、コンピュータって何ができるのか、何かもうちょっと面白いことができないのかと自発的に色々と学んだそうです。

「自分が面白いと思えるものがみつかると伸びる」

トップ層の子どもの成長を見守るには、常に新しいことに興味が持てるような、内発的な動機付けや環境が大切なのだと伝わってきました。

登壇されたみなさんからのメッセージ:

奥田氏
「高専時代、プロコンなどに出場した時には、周りにすごい人がいるという刺激を受けることができました。今思うと、出場するための手配は、全て部活の先生がしてくれていて、自分は何もしなくてよかったのです。大人ができる普通の支援ですが、それが子どもにはとても嬉しかったです」

小島氏
「プログラミング教育を小学校で実施していくためには、まず先生たちを育てる必要があります。企業や団体が、現場に入ってきてくれることを期待しています」

朝倉
「先生がた、教育委員会の方々、支援が必要だということ、遠慮せずに声をあげてください。企業の側から声をかけられる、きっかけを作ってくださると嬉しいです」

利根川氏
「プログラミング教育は先生だけがやるものでも、企業だけがやるものでもない。誰しもが貢献できるものなのだから、もっと社会全体が盛り上がることを期待している」

最後は、モデレータの利根川氏の、「みんなで、(プログラミング教育を)一歩一歩確実によくしていきたい。今日はそれを、みなさんにお伝えしたかった」という言葉で締めくくられました。
この、日本という社会にいる人が、それぞれの立場でできることがあります。それを、あせらずに、できればわかりやすく伝えていきたいと思いました。
みなさんも、是非ご一緒に。プログラミング教育のために出来ること、考えてみませんか。


さくらの学校支援プロジェクト
三谷 公美

「第52回 ISP&クラウド事業者の集い in 旭川」パネルディスカッション レポート

2019年9月12日(木) JAIPA が開催した「第52回 ISP&クラウド事業者の集い in 旭川」において、「北海道で実績を積んだ3名の方から見た日本のプログラム教育について」と題したパネルディスカッションが行われ、弊社代表取締役社長の田中邦裕がモデレータを務めました。

左より:朝倉(さくらの学校支援プロジェクト)、田中(さくらインターネット代表取締役社長)


パネリストとしては、下村幸広氏(北海道旭川工業高等学校 情報技術科 教諭)、西原翔太氏(国立研究開発法人 情報通信研究機構 ナショナルサイバートレーニングセンター 研究技術員)、朝倉恵(さくらインターネット株式会社 さくらの学校支援プロジェクト シニアプロデューサー)の3名が登壇され、各々の立場からプログラミング教育を紹介し、現在抱えている諸課題、そして未来への展望を語りました。

まず、「プログラミング教育とは何なのか?」から始まりました。
プログラミング教育とは、論理的思考、プログラミング的思考を育むためのものであり、コードを書くことを教えるための授業ではないこと。従来からある授業の中に、論理的思考を育てる要素を取り入れていくということが、説明されました。

また、元は道内の高校教諭であった西原氏からは、小学校の必修化が話題の中心となっているが、中学校や高校の学習指導要領も、小学校で充分な能力を身につけたことを前提に改定されていること。それは現段階で見ると、あまりに専門的な内容であり、現場の先生方だけで対応できるのか疑問であると感想が語られました。

さくらの学校支援プロジェクトの朝倉からは、2017年から開始した、石狩市への小学校プログラミング教育支援のプロジェクトがどのように進んでいったのか、小学校での実践の様子なども交えながら紹介がありました。
先生方は、「教えるプロ」なので、どのような手法で、どのような能力を伸ばすのかをつかむことができれば大丈夫。あとは、先生方が不安に感じている部分をサポートし、信頼関係を築きながら、あせらず見守っていくことが大切とのことでした。

左より:西原氏(NICT/前 富良野緑峰高等学校 教諭 )、下村氏(旭川工業高等学校 教諭)

下村氏は、北海道旭川工業高等学校の教諭であり、U-16プログラミングコンテストにて小・中学生へのプログラミング指導もされています。その立場から、プログラミング教育により、さらに興味を持った子のためには、学校の外でもプログラミングに触れることができる場が必要となってくると提起されました。スポーツ少年団のようにプログラミング少年団が、地域の専門家により構成されていると、学校で興味を持った子たちの、その先の場所があるということで、先生がたも安心できるとのことです。

今回は、教える側の立場や、その経験のある方々によるディスカッションであったため、必修化による一般の先生方の苦労の様子も伝わってきました。子供たちがプログラミングを楽しいと感じる未来にむけて、「プログラミング教育とは、論理的思考を育むことであり、コードを書けるようになるためのものではないこと」を、みんなで理解した上で、参加者の中にたくさんいた「一般のエンジニア」の方々にも、地元で何かあれば是非ご協力をお願いしますとの呼びかけをしました。


質疑応答になると、会場から「一般のエンジニアは小学校のプログラミング教育がどのようなものなのか分かっていない」と、実情を伝える声がありました。このパネルディスカッションを通し、「ずっともやもやしていたことに回答が得られた」ともおっしゃっていました。これからも、エンジニアを始めITに関わる皆さんに、学校でのプログラミング教育がどのようなものなのか、理解を深めてもらうことが大切だということがわかりました。

さくらの学校支援プロジェクト
三谷 公美