「さくらの学校支援プロジェクト」名称および活動方針変更のお知らせ

「さくらの学校支援プロジェクト」がスタートします

2017年2月に発足した「石狩市への小学校プログラミング教育支援プロジェクト」は、2年間の活動を経て、目標であった「2020年のプログラミング教育必須化までに、石狩市内の全小学校の授業で、プログラミング教育が行えるようにする」を予定通り達成できる見通しとなりました。

石狩市教育委員会による「石狩市のプログラミング教育の取組」が2019年3月に発行され、市内小学校ではガイドラインに基づいて学校ごとのカリキュラムの中に「プログラミング教育」が位置付けられ、自律的に取り組みが進んでいくことになります。

このように、目標の達成が確実になった状況を受けて、このプロジェクトの目標達成後の在り方をプロジェクトメンバーで協議した結果、新しい目的と、3つの活動範囲を軸として定め、活動を継続していくことになりました。

さくらの学校支援プロジェクトとは

  • 「情報活用能力の育成」につながる授業支援をしていくため、敢えて「プログラミング教育」の言葉をプロジェクト名から省きました。
  • 北海道石狩市がメインですが、北海道全体への支援も視野に入れることとしたため、プロジェクト名から自治体名を省きました。
  • 小学校への支援がメインですが、中学校や高等学校とのつながり、連携も考えていく必要があるため、「小学校」もプロジェクト名から省きました。

活動範囲と活動のビジョン

  • <石狩市で> 石狩市の小学校にプログラミング教育を根付かせ、情報活用能力育成を図る授業作り支援の提供
  • <北海道で> 北海道内に石狩市のプログラミング教育実践ノウハウを伝達する仕組みの実現
  • <IT系コミュニティで> IT企業やエンジニアを適切な情報活用能力育成支援につなげていくための情報の提供

今後も石狩市や北海道、および地域で教育に携わる団体と協調しながら、教育の支援を積極的に行って参ります。また、情報活用能力育成に対する支援や相談を受けられるようにすることや、研究や実践発表の後押しなど、石狩市および北海道への地域貢献を継続いたします。今後とも、当プロジェクトをよろしくお願いいたします。

オープンソースカンファレンス 2019 Hokkaido

全国各地で開催されているオープンソース・ソフトウェアの今を伝えるイベントが、今年も札幌で開催。IT系ではお祭り的なイベントとして有名。北海道では最も参加者が多く、700人もの参加を見込んでいます。

会場では、様々なソフトウェアに関するセミナーに加え、各コミュニティや協賛企業による展示ブースもあります。ロボットや電子工作に関する展示も見込まれるため、プログラミング教育のご参考のためにも、参加されてみてはいかがでしょうか。

日時   2019年5月31日(金)13:00~17:00(セミナーのみ)

         2019年6月1日(土)  10:00~18:00(展示16:00まで)

会場   札幌コンベンションセンター (会場受付は二階)

   札幌市⽩⽯区東札幌6条1丁⽬1-1

企画運営 株式会社びぎねっと

(初出「こどもプログラミング通信」第23号 2019年3月26日発行)

Scratch

Scratchは、無料でプログラミングが学べるオンライン教材です。2019年1月3日に最新版「Scratch 3.0」が公開されました。

新しい「Scratch 3.0」からは、音声やアニメーション(動画)を再生するために別途必要だった「Adobe Flash Player」が不要となり、iPadをはじめとする「Adobe Flash Player」に対応していないタブレットでも利用できるようになりました。

一方で「Internet Explorer」はサポートされないため、学校における利用の際は注意が必要です。

インターネットに接続されていなくても利用できる、パソコンにインストールするタイプも用意されており、「Windows 10」または「macOS 10.13」以降に対応しています。2019年の後半にはChromebook向けもリリースされる予定となっています。

(初出「こどもプログラミング通信」第23号 2019年3月26日発行)

「石狩市小学校プログラミング教育支援」 申込受付を4月1日(月)から開始!

本年度は通年でお申し込みを受付・実施します

今年度も「出前授業」「プログラミング教育補助」「校内研修会」「その他相談」と4つのカテゴリで、学校へのプログラミング教育を支援させていただきます。

平成30年度までは講師都合により、12月までで受付を終了していました。平成31年度については、通年での申し込みが可能となりました。

専用フォームでご希望のメニューをお選びいただくか、その他相談としてご希望の内容を入力の上、送信してください。担当者よりメールにて、折り返しご連絡させていただきます。

メニューにない内容でも、ご相談いただければ可能な限り実現に向けたお手伝いをさせていただきますので、是非お気軽にお申し込みください。

今年も石狩のプログラミング教育を一緒に作っていきましょう!

「石狩市小学校プログラミング教育支援」の詳細な内容、申込方法などは、別途各学校にパンフレットをメールにて送付いたしますので、そちらをご確認いただければと思います。

2019年9月「プログラミング教育推進月間」を全国的に実施

文部科学省、総務省、経済産業省では、2020年度からのプログラミング教育実施に向けた機運を高めるために、2019年の9月を「未来の学び プログラミング教育推進月間(通称:みらプロ)」としました。これは期間中、全国の小学校にプログラミングの授業に取り組むよう呼びかけるものです。

実施にあたっては、総合的な学習の時間を想定し(2学期および3学期での利用を想定した約35時間) 、企業が提供するインターネット上のサービスや、さまざまな教材を活用した指導案が既に公開されています。

具体的には、地域の魅力を伝えるためのアプリ活用や、私達の生活と自動車の未来などが紹介されています。企業が提供する教材は4月15日まで募集が続いています。授業づくりや指導案の検討のために、参考になりそうです。

(初出「こどもプログラミング通信」第23号 2019年3月26日発行)

大分県教育委員会は、プログラミング教育指導案を公開

各地の教育委員会ではプログラミング教育の情報公開が始まっています。一部は第18号(平成30年10月29日)で紹介させていただきました。

大分県の教育委員会では「小学校プログラミング教育全体計画・年間指導計画(例)」を発表しました。WordとExcelのファイルが公開されており、プログラミングを使った教育計画の策定に役立つ内容と思われます。

全体計画では、プログラミング教育の目的を学校の教育目標と並べ、児童の実態や地域の実態、教師の願いなども整理できる便利なシートです。また、指導計画は各学年・各教科で整理されています。

(初出「こどもプログラミング通信」第23号 2019年3月26日発行)

石狩市内の全小学校で実施されたプログラミング教育の実践事例が冊子にまとまりました

石狩市内の全小学校で2018年度中に実施されたプログラミング教育の実践事例が、「プログラミング教育 指導事例集 2018」 抜粋版として冊子にまとまりました。石狩市教育委員会のWebサイトにてPDFファイルの形式で配布されています。学校関係者の方は今後の授業の参考資料としてご活用いただけますし、一般の方には「小学校で行われるプログラミング教育ってどんなことをやっているのだろう」という疑問にこたえられる内容になっていると思います。是非ご覧ください。

プログラミング教育 指導事例集 2018(石狩市教育委員会)
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/site/kyouiku/44427.html

PIECE

PIECEは、PCを用いず、物理的なモジュールをつなぐだけで電子回路を作成することができる、アンプラグドなプログラミング教材です。モジュールは「センサー」「ロジック」「うごき」の3つに分類され、組み合わせてさまざまな機能を実現できるようになっています。

公式サイトの中の「PIECEオンラインワークショップ」には、実生活で活用できるような電子回路の作例が示されています。

以下のWebサイトで、国語の授業にPIECEを使用した事例が紹介されています。
https://voice.elekit.co.jp/archives/4104

(初出「こどもプログラミング通信」第22号 2019年2月26日発行)

プログラミング教育の手引(第二版)で追加された「C分類」の変更点について

2018年11月公開の「プログラミング教育の手引(第二版)」で新たに追加された実施実例紹介、今回はC分類です。第一版では「各学校の裁量により実施するもの」と説明がありましたが、第二版では「教育課程内で各教科等とは別に実施するもの」と改められています。

また、C分類の目的として、A分類とB分類とは異なり、各教科等に位置付けているものでないため、第二版では新たに説明が追記されています。特に単純にプログラミングを授業で行うという誤解を招かないように、各所で説明が追記されています。

《追記された説明》

C分類では、「プログラミング的思考」の育成、プログラムのよさ等への「気付き」やコンピュータ等を上手に活用しようとする態度の育成を図ることをなどをねらいとした上で、

  • グラミングの楽しさや面白さ、達成感などを味わえる題材などでプログラミングを体験する取り組み設定する
  • 各教科等におけるプログラミングに関する学習活動の実施に先立って、プログラミング言語やプログラミングの技能の基礎について学習する
  • 科等の学習と関連させた具体的な課題を設定する

こともでき、各学校の創意工夫を生かした取り組みが期待されます。

具体的な取り組み例として、追記・変更されているのは、以下の2点です。

C-① プログラミングの楽しさや面白さ、達成感などを味わえる題材などでプログラミングを体験する取組

第一版では「プログラミング言語を用いて」の記述が、第二版では「具体的には、ビジュアル型プログミング言語を用いて」と書き加えられています。

追記された説明には「プログラミングの体験を通して、コンピュータの画面上のモノがプログラムで動いていることに気付いたり、プログラミング的思考を育むとともに、プログラミングの楽しさや、ものごとを成し遂げたという達成感を味わうことにつながることが期待されます」とあります。

第一版にあった「プログラミングの体系的な知識や技術を学ぶことも考えられます」の項目は削除されました。

C-② 各教科等におけるプログラミングに関する学習活動の実施に先立って、プログラミング言語やプログラミングの技能の基礎についての学習を実施する例

第一版の説明は「C-③ プログラミング言語やプログラミングの技能の基礎」のみでしたが、第二版では「学習活動の実施に先立って」が追記されています。

説明でも追記があり、「後に実施する単元等で使用する予定であるプログラミング言語やソフトウェアの操作」と、あくまでも深い学びや気付きのため、プログラミングで学ぶことが強調されています。

なお、未来の学びコンソーシアムでは、現在の実例として、特別支援学校・学級における授業例が複数掲載されています。

(初出「こどもプログラミング通信」第22号 2019年2月26日発行)

放送大学で小学校教員が対象の、プログラミング講座開講

2020年度からの学習指導要領改訂に向けて、放送大学は衛星放送とオンライン(インターネット)で受講可能な「プログラミング教育プラン」を2019年度に開講します。先生が個人単位で受講するだけでなく、教育委員会や学校単位での研修も想定されています。

開設講座は「小学校プログラミング教育 導入編」と「Scratchプログラミング指導法」です。

導入編では、新学習指導要領におけるプログラミングの考え方、先進的な取り組みを行う自治体や学校の紹介があります。オンラインで終了試験に合格すると、Scratchプログラミング指導法を受講できます。また、Scratchでは実際にプログラミングをしながら、授業での活用方法を学びます。

オンライン講座は年間を通して受講を受け付けます。手続き詳細や申し込み手続きについては、放送大学のサイトをご覧ください。

(初出「こどもプログラミング通信」第22号 2019年2月26日発行)