キューブロイド(cubroid)

Kickstarter、CAMPFIRE、マクアケなど、複数のクラウドファンディングの出資を受け、発売されたキューブロイド。
センサーやモーター、LEDを制御するブロック(コーディングブロック)と、形を作るためのブロック(ビルディングブロック)を組み合わせ、プログラミングをしていろいろなものを作ることができます。

このブロックは既存製品とも互換性があるということで、多数のブロックを組み合わせ、大きな作品作りにも挑戦できます。

コーディングブロックは、ワイヤレス(Bluetooth)でブロック同士やタブレットと通信し、配線は必要ありません。コーディングの方法は、学習者のスキルに応じて複数用意され、Scratch(2.0)にも対応しています。

石狩市の紅南小学校では、実際にこの教材を使った授業を実施していますので、使い勝手やどんなことができるのか?など、詳しいお話を聞くことができます。

4年生の総合的な学習の時間における指導案も公開されていますので、ぜひご覧ください。

紅南小の授業で製作された作品

紅南小4年生総合的な学習指導案 ロボットを使って動かそう

cubroid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です