授業目的公衆送信補償金制度をもっと知ろう!

こどもプログラミング通信第42号で、授業目的公衆送信補償金制度についてお伝えしました。

いよいよ、2021年度からこの制度が有償化となります。
ここで、少し制度のおさらいをしてみましょう。
授業目的公衆送信補償金制度をクイズにしてみました。個人情報等は収集しておりませんので、ぜひお気軽に挑戦してみてください。

授業目的公衆送信補償金制度クイズ
https://bit.ly/3q12i2P

補償金の管理団体である授業目的公衆送信補償金等管理協会( SARTRAS )では、今後事例を集めて情報のアップデートを行うようですので、最新の情報はSARTRASのWebサイトをご確認ください。

また、日常的にすべての著作物利用を記録する必要はないとのことですが、学校単位でのサンプル調査の協力依頼を行うと、 SARTRASのWebサイトにも記載されています。
著作物利用の際、可能な範囲で、「いつ」「何を」「どのように利用したのか」について、簡単なメモを残しておくと、調査の際は役に立つでしょう。

一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)
https://sartras.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です