高校のプログラミング教育はどうなる?

2021年4月から、改訂された中学校の学習指導要領が完全実施となります。

石狩市では、2018年度、2019年度と、中学校で強化される技術科でのプログラミング教育(D 情報の技術)の指導案・教材検討を行い、小学校からの系統表としてまとめて公開しています。

小学校の先生は、中学校への接続を意識しながらプログラミング教育や情報活用能力育成を進めていただけると思います。

さて、高校のプログラミング教育がどのような内容になっているのか、ご存じでしょうか?
中学校でのプログラミング教育は、高校への接続を意識する必要がありますので、中学校の先生だけでなく小学校の先生にも、ぜひプログラミング教育がどのように発展していくのかを知っておいていただきたいと思います。

現行学習指導要領での高校の情報科は、「社会と情報」「情報の科学」の2科目のいずれかを選択することになっており、プログラミングを学習するのは「情報の科学」のみになっています。
2022年から始まる新学習指導要領での情報科は、「情報I」「情報II」の2科目に再編され、「情報I」は共通必履修科目、「情報II」は選択科目です。
プログラミングはどちらの科目でも学ぶことになり、高校でもプログラミング教育が必修化となります。

2022年4月から、高校の学習指導要領が段階的に実施されることを前に、文部科学省から情報科教員用の研修資料が公開されています。

高等学校情報科「情報Ⅰ」教員研修用教材(本編)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1416756.htm

中でも、「序章」については、高校での学習の前提となる中学校技術科(D 情報の技術)で学ぶ内容についても関連付けて解説されており、高校までのプログラミング教育の系統性を知ることができるものとなっております。

ぜひ小中学校の先生皆様に目を通していただきたいと思います。

【参考】「情報I」で学ぶ項目と中学校技術科との関連
高等学校情報科「情報Ⅰ」教員研修用教材(本編)序章の内容を編集して掲載
https://www.mext.go.jp/content/20200722-mxt_jogai02-100013300_001.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です