新型コロナウイルス感染拡大に伴う文部科学省の動き等について

新型コロナウイルス感染症が社会に与える影響は大きく、長期的な対応が求められますが、文部科学省では、そんな中でも児童生徒等の教育を受ける権利を保障していくために、学校における感染およびその拡大のリスクを可能な限り低減した上で、学校運営を継続していく必要があるとし、そのための学校運営の指針としてガイドラインを公開しています。

「平常時における一律の各種ICT活用ルールにとらわれることなくあらゆる機器や環境を最大限活用すること(学校の設備類はもちろん家庭の設備類についても一時的であれ使えるものは全部使う)」「できることから、できる人から。一律にやる必要はない」など、これまでにない柔軟な取り組みが求められています。

[参考動画]学校の情報環境整備に関する説明会

[参考動画]オンライン教育のためのオンライン全国セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です