市町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等調査の結果が発表

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000572-san-soci

文部科学省は、市町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等を調査し、結果について取りまとめて公開しました。

小学校プログラミング教育の実施に向けて、約93%の教育委員会が、令和元年度末までに各校に1人以上、教員に実践的な研修を実施したり、教員が授業の実践や模擬授業を実施済み・実施予定と回答した一方、約7%の教育委員会は、「実施しておらず、実施する予定もない」と回答しており、最低限必要と考えられる指導体制の基礎が整っていないことが明らかになりました。

市町村教育委員会における小学校プログラミング 教育に関する取組状況等調査
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00218.html

(初出「こどもプログラミング通信」第33号 2020年1月27日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です