「第52回 ISP&クラウド事業者の集い in 旭川」パネルディスカッション レポート

2019年9月12日(木) JAIPA が開催した「第52回 ISP&クラウド事業者の集い in 旭川」において、「北海道で実績を積んだ3名の方から見た日本のプログラム教育について」と題したパネルディスカッションが行われ、弊社代表取締役社長の田中邦裕がモデレータを務めました。

左より:朝倉(さくらの学校支援プロジェクト)、田中(さくらインターネット代表取締役社長)


パネリストとしては、下村幸広氏(北海道旭川工業高等学校 情報技術科 教諭)、西原翔太氏(国立研究開発法人 情報通信研究機構 ナショナルサイバートレーニングセンター 研究技術員)、朝倉恵(さくらインターネット株式会社 さくらの学校支援プロジェクト シニアプロデューサー)の3名が登壇され、各々の立場からプログラミング教育を紹介し、現在抱えている諸課題、そして未来への展望を語りました。

まず、「プログラミング教育とは何なのか?」から始まりました。
プログラミング教育とは、論理的思考、プログラミング的思考を育むためのものであり、コードを書くことを教えるための授業ではないこと。従来からある授業の中に、論理的思考を育てる要素を取り入れていくということが、説明されました。

また、元は道内の高校教諭であった西原氏からは、小学校の必修化が話題の中心となっているが、中学校や高校の学習指導要領も、小学校で充分な能力を身につけたことを前提に改定されていること。それは現段階で見ると、あまりに専門的な内容であり、現場の先生方だけで対応できるのか疑問であると感想が語られました。

さくらの学校支援プロジェクトの朝倉からは、2017年から開始した、石狩市への小学校プログラミング教育支援のプロジェクトがどのように進んでいったのか、小学校での実践の様子なども交えながら紹介がありました。
先生方は、「教えるプロ」なので、どのような手法で、どのような能力を伸ばすのかをつかむことができれば大丈夫。あとは、先生方が不安に感じている部分をサポートし、信頼関係を築きながら、あせらず見守っていくことが大切とのことでした。

左より:西原氏(NICT/前 富良野緑峰高等学校 教諭 )、下村氏(旭川工業高等学校 教諭)

下村氏は、北海道旭川工業高等学校の教諭であり、U-16プログラミングコンテストにて小・中学生へのプログラミング指導もされています。その立場から、プログラミング教育により、さらに興味を持った子のためには、学校の外でもプログラミングに触れることができる場が必要となってくると提起されました。スポーツ少年団のようにプログラミング少年団が、地域の専門家により構成されていると、学校で興味を持った子たちの、その先の場所があるということで、先生がたも安心できるとのことです。

今回は、教える側の立場や、その経験のある方々によるディスカッションであったため、必修化による一般の先生方の苦労の様子も伝わってきました。子供たちがプログラミングを楽しいと感じる未来にむけて、「プログラミング教育とは、論理的思考を育むことであり、コードを書けるようになるためのものではないこと」を、みんなで理解した上で、参加者の中にたくさんいた「一般のエンジニア」の方々にも、地元で何かあれば是非ご協力をお願いしますとの呼びかけをしました。


質疑応答になると、会場から「一般のエンジニアは小学校のプログラミング教育がどのようなものなのか分かっていない」と、実情を伝える声がありました。このパネルディスカッションを通し、「ずっともやもやしていたことに回答が得られた」ともおっしゃっていました。これからも、エンジニアを始めITに関わる皆さんに、学校でのプログラミング教育がどのようなものなのか、理解を深めてもらうことが大切だということがわかりました。

さくらの学校支援プロジェクト
三谷 公美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です