「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」に掲載の、授業実施事例が拡充

文部科学省・総務省・経済産業省が運営している、未来の学びコンソーシアムは、プログラミング教育ポータルとして事例や教材情報の発信を続けています。先日改定された、プログラミング教育の手引(第二版)において「指導例の具体的な実践事例の発信」を行う場との位置づけが明確になりました。区分A~Fに分類された実施例は、次年度に向けた今後のカリキュラム検討にあたって参考になります。

(初出「こどもプログラミング通信」第20号 2018年12月20日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です