小学校プログラミング教育の手引(第二版)が改訂

2020年度から始まる小学校におけるプログラミング教育導入にあたり、2018年3月に文部科学省から「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」が公開されていましたが、11月に内容の補足を盛り込んだ第二版が公開されました。

「小学校プログラミング教育の手引」とは

プログラミング教育の本格的な開始に向けて、先生方が抱いている不安を解消し、安心して取り組んでいただけるように文部科学省が取りまとめたものです。プログラミングに関する専門用語をできる限り用いず、教育内容を具体的かつ分かりやすく解説しています。

内容はプログラミング教育導入の経緯から始まり、小学校で育むプログラミング教育について網羅的な解説があります。各教科の目標や内容を踏まえた具体例にまで丁寧に言及があるため、学習指導要領をより具体的に補足する内容として、授業の実施や計画にあたって目を通しておくべき資料と言えるでしょう。

なお、手引の内容については、教材の充実や各学校における実践の充実を踏まえ、適時改定を重ねる予定との記述があります。

以下に、第二版での主な変更点をご紹介します。

「プログラミング教育ポータル」に教育事例

プログラミング教育の指導例や実践実例は、官民連携の「未来の学びコンソーシアム」が運営する、プログラミング教育事例が掲載されているウェブサイト「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」(https://miraino-manabi.jp)を通して行われることが記されました。授業作りにあたっては、手引だけでなく、教育ポータルも参考になる位置づけです。

C区分の役割は教育課程内での実施と明確化

学習指導要領の範囲内で実施する区分A・区分Bに比べ、区分Cは「各学校の裁量により実施するもの(教育課程内で実施するもの)」という位置付けでした。第二版では「裁量により」の記述は削除され「教育課程内で各教科等とは別に実施するもの」との記述が新たに追加されました。

C分類のねらいと取り組みへの期待

第二版では、「プログラミング的思考」の育成、プログラムのよさ等への「気付き」やコンピュータ等を上手に活用しようとする態度の育成を図ることなどをねらいとした上で、以下のような取り組みが期待されています。

  • プログラミングの楽しさや面白さ、達成感などを味わえる題材を設定する
  • 各教科等におけるプログラミングに関する学習活動の実施に先立って、プログラミング言語やプログラミングの技能の基礎について学習する
  • 各教科等の学習と関連させて具体的な課題を設定する

評価についても「教育課程内で各教科等とは別に実施する場合は、教科等の評価規準により評価したり、評定をしたりすることはありませんが、それ以外は前述と同様に児童を見取り、その評価を適切に伝えるなどすることが望ましいと考えられます。」の記述が追加されました(21頁)。

学習指導要領範囲内での指導例が一部変更・追加

学習指導要領の範囲内である区分A(例示あり)と区分B(各教科等の指導で実施)で、細かな記述が変更になったほか、それぞれ新しい指導例が追加されました。

A-④ 「まちの魅力と情報技術」を研究課題として学習する場面(総合的な学習の時間)

まちの魅力を発信するタッチパネル式の案内表示にプログラミングを取り入れるのを考え、見せ方を試行錯誤する。

A-⑤ 「情報技術を生かした生産や人の手によるものづくり」を探求課題として学習する場面(総合的な学習の時間)

例えば、自動車工場にある先端の情報技術につて意見交換するなかで、自分が作ってみたい自動車を課題として設定。衝突を防止するセンサーのプログラミングなど。

B-② 都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見つけるプログラムの活用を通して、その名称と一を学習する場面(社会第4学年)

47都道府県の特徴が記されたブロックを組み合わせることで、ブロックの特徴に合致した都道府県の名称と位置を示すプログラムを使用。地図上で理解するよりも思考を伴う学習活動

B-③ 自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通して、炊飯について学習する場面(家庭第6学年)

ご飯をおいしく炊くためのプログラミング体験を通して、炊飯の一連の手順について理解を深めるとともに、身近な生活にコンピュータ(プログラム)があるのに気づく。

このほかの変更点も含め、具体的な例示については、次回以降のこどもプログラミング通信を通してお伝えします。また、第二版は文部科学省のページからご覧いただけます。

関連情報

(初出「こどもプログラミング通信」第19号 2018年11月27日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です