プログラミング教育の実施実例が9月から募集開始

未来の学びコンソーシアムが開設している「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」では、7月31日にプログラミング教育実施事例の募集案内が告知されています。

これまでもいくつかの実例が掲載されていましたが、今回は小学校段階のプログラミング教育を対象に、学習指導要領に例示されているA分類から学校外での活動を含めるF分類まで、各分類を対象にしての募集が始まりました。

今後は更に授業例の充実が期待されるため、来年以降の授業計画の参考にもなると思われます。

参考サイト:プログラミング教育の実施事例募集開始について

(初出「こどもプログラミング通信」第16号 2018年8月28日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です