教材紹介:Sphero SPRK+(スフィロスパークプラス )

スマートフォンやタブレットから遠隔操作できるボール型のプログラミングロボットです。こちらの教材は、先日石狩で行われたプログラミング指導教員養成塾でも紹介された教材なので、実際に手に触れられた方もいらっしゃるかもしれません。「Sphero Edu」というアプリを使う事でロボットの動き方やLEDの光らせ方等をプログラムできます。プログラムは日本語の命令ブロックを組み合わせて作るタイプです。Sphero Eduではあらかじめ用意されたサンプルコードがあるので、まずはそちらを参考にして学習をすすめてみるのがいいかもしれません。

防水で衝撃に強く丈夫で壊れにくいのと、本体であるロボットと充電用台座のみなので学校での管理も容易と思われます。

算数の多角形をロボットの動きで表現したり、加速度センサーにより、落下や衝突時に音を鳴らす事や動きを変えるなどのプログラムもできるので、あらゆる授業での活用が考えられる可能性を持っている教材です。

参考サイト:https://sphero-edu.jp/teaching/sprk/

(初出「こどもプログラミング通信」第15号 2018年7月27日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です