「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」が公開

文部科学省は新しい小学校学習指導要領におけるプログラミング教育の円滑な実施に向け、小学校プログラミング教育の手引を取りまとめました。

この手引は、先生方がプログラミング教育に対して抱いている不安を解消し、安心して取り組めるように目指しています。既に公開されている学習指導要領や解説から、プログラミング教育に関する話題を改めて集め、経緯が詳しく解説されています。また、できる限りプログラミングに関する専門用語を用いず、平易な表現で書かれているのが特長です。

また、改めてプログラミング教育の狙いとしては、以下の点が挙げられています。

  1. 「プログラミング的思考」を育むこと。
  2. プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気づくことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと。
  3. 各教科等での学びをより確実なものとすること。

さらに、企業・団体や地域等との連携例も紹介されています。より進んだ学習をしたい子ども達がどう学ぶかを考えるため、役立つ情報となることでしょう。

また、最後の方には「Q&A」も設けられています。特定の教科だけでなく、どの教科においてもプログラミング教育を取り入れられることや、コンピュータを用いない指導についてなど、これまでのプログラミング教育導入にあたり多々議論されたことが改めて整理されているのが特長です。

参考サイト:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm

(初出「こどもプログラミング通信」第12号 2018年4月19日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です