小学校プログラミング教育に関する意見交換会が実施

11月9日、一橋大学(東京)で小学校プログラミング教育に関する教材開発者と教育専門家の意見交換会(主催:文部科学省)が実施されました。文部科学省から新学習指導要領におけるプログラミング教育についての説明の後、教育委員会や総務省の取り組みの説明、そして参加者との意見交換が実施されています。

冒頭では文部科学省から、新学習指導要領とプログラミング教育について解説がありました。今回の改定ポイントは、情報活用能力に対して、初めての記載がありました。ICT環境の整備・活用や、文字入力など基本的な操作の習得だけでなく、プログラミング的な思考(論理的な思考)についても触れられています。

教材開発者に対しては、プログラミングの狙いとして、以下の3点を上げています。

  • プログラミング言語、技能を覚えるものではない
  • 社会が情報技術によって支えられているのに気づく
  • コンピュータを活用し、社会を築いていく態度を育む

教育事例では、千葉県柏市と神奈川県相模原市の取り組みが紹介されました。

柏市は平成28年7月に取り組みを市長が表明し、平成29年からプログラミング教育を先行実施されています。授業は担任と市が派遣したICT支援員とで行われています。算数の多角形や、理科の手順を(紙の上で)フローチャート化する取り組みが紹介されました。

相模原市では、4年生の算数において、数の表現の仕方や、四捨五入でおおよその数を割り出すロジックについて学ぶ紹介がありました。6年生の理科では、発電と電気の利用(学習指導要領にある事例を実現したもの)として、人を感知するとLEDが点灯する仕組みを学ぶ紹介がありました。

後半は意見交換会でした。参考になる質疑・応答をご紹介します。

質問:小学校段階で目指すレベルはどのくらいですか

回答:プログラミング的思考を育むこと、コンピュータ利用は便利で楽しいと理解すること、各教科の学習で実際に使うことが趣旨です。プログラムを書く技術の習熟が目的ではありません。

質問:どのように子ども達を評価したらよいのでしょうか

回答:論理的思考力を育む視点から、良さに気が付いた・理解できたかを評価します。プログラミングの出来・不出来は評価の対象としません。

質問:プログラミング教育にコンピュータは必須ですか

回答:コンピュータを用いなくてもプログラミング的思考の指導は行えます。しかしながら、プログラミングは体験して欲しいですし、その上で、コンピュータの楽しさを知ってもらいたいと考えています。

(初出「こどもプログラミング通信」第8号 2017年12月12日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です