教材紹介:ソビーゴ

小学生が対象のロボットを使ったプログラミング教材をご紹介します。以前に紹介したプログラミング用パソコン教材「IchigoJam」(イチゴジャム)を使い、自分で作成するロボット「ソビーゴ」を自由に動かせるようチャレンジします。

ソビーゴ本体の素材は段ボール。既製品のロボットを使うのではなく、自分の手を使って組み立て・飾り付けることで、プログラミングを主体的に学ぶのを助ける効果が見込めます。

また、ロボットの動きの制御には、簡単なIchigoJam BASIC言語を使います。様々な命令を使い、ロボットを走らせたり、手を動かしたり、LEDを光らせたり、思いのままに操作できます。これにより、単にプログラミング言語を学ぶだけでなく、簡単なプログラムを通して思い通りにロボットを動かせるプロセスが、学びにつながります。

関連サイト:ソビーゴ https://hello-sovigo.com

(初出「こどもプログラミング通信」第8号 2017年12月12日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です