IchigoJam

IchigoJamはプログラミング学習用の子どもコンピュータです。子どもの手の平に載るほどのサイズと軽さから、持ち運びや収納場所に困らず、とても扱いやすいものとなっています。

本体に、キーボード、モニタ、microUSBを電源としてつなぐだけで、すぐにプログラミングをはじめることができます。IchigoJamで使用するプログラミング言語はBASICです。

BASICは「RUN(プログラミングの実行)、END(プログラミングの終了)」等、言葉から実行結果を想像しやすいものが多く、初めてのプログラミング学習に最適な言語です。

LEDランプを点滅させたり、音楽を鳴らしたり、五感を使って楽しみながら学べます。プログラミングに対して難しいイメージを持っている子どもや大人達も興味を持って学習に取り組んでいけるでしょう。また、外部機器に接続できるので、アイディア次第で色んな利用方法ができます。扇風機の回転を制御したり、モーターをつけておもちゃを動かしてみたり。鹿よけのライトを作成している方もいました。IchigoJamは子どもの豊かな想像力を現実にする可能性を持った教材です。

(初出「こどもプログラミング通信」第3号 2017年6月26日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です